かだれ横丁とは

思い思いのスタイルで

さくらとりんごの街、青森県弘前市の屋台村「津軽弘前屋台村 かだれ横丁」。

「かだれ横丁」は弘前城から徒歩5分、弘前最大級の飲屋街鍛冶町から徒歩1分。個性豊かな屋台が並ぶ「かだれ横丁」を歩けば、きっとあなたのお気に入りのお店が見つかるはず。気に入った屋台に座ってもよし、フリースペースに座って色んな屋台に注文に行ってもよし、気になる屋台メニューがあったら、他の屋台の席からでも出前OK。好きな場所で好きな料理を注文、そんなラフなスタイルが人気です。

割り勘ザルで仲間と楽しく

「かだれ横丁」にはザルが置いてあります。割り勘ザルといいます。使用方法は、一緒に飲む仲間と予算を決め手、その金額を各自出し合ってザルに集めます。飲み物、食べ物を注文する度にお店の人がザルの中から料金を徴収します。

割り勘ザルは「かだれ横丁」内に置いてありますので、自分たちが座るテーブルに持って行き、自由にお使いいただくことが出来ます。

多目的ホールの使用方法は無限の可能性

その他、80人座れる多目的ホールもあります。ステージや音響設備も完備。ちょっとしたコンサートやライブ会場として使用することもできます。もちろん大人数での宴会も可能。会社の忘新年会やクラス会、サークルでの打ち上げなどなど、思い思いの形でお楽しみください。

飲み放題コースもご用意しております。2時間飲み放題でおひとり様3,500円~プランをご用意しております。ご予算に応じて時間や料理メニューを増やすこともできますので、是非お気軽にお問合せください。

インキュベータシステム

かだれ横丁では将来弘前市内でお店を開業したい人を応援しています。開業といっても、いきなり自分のお店を持つということは、多くの不安やリスクを感じるのではないでしょうか。お客様が入るのか、固定客はつくのか、自分の料理はどのくらい受け入れてもらえるのか。そういった不安一つ一つ取り除いて行くためにも、まずは「かだれ横丁」で出店、チャレンジしてみませんか?

たくさんの人が集まる「かだれ横丁」でご自身のお店のコンセプトや雰囲気、料理や自分の人柄を知っていただくことができます。何より知名度がなくても、かだれ横丁に集まったお客様にお店を知ってもらうチャンスがあります。あなたの夢を「かだれ横丁」からスタートしてください。

かだれ横丁卒業店の声

  • 今でも客層が広がっています

    花花

    弘前市桶谷町5-1
    0172-32-3905

    かだれ横丁が初めての開店でした。そのときのお客様が、今でもほかのお客様を連れてきてくれ、客層がどんどん広がっています。

  • 力強いバックアップで成長できました

    おでん屋 ぶっちゃー

    弘前市北川端町26-1川端横丁内
    090-9536-2065

    地元は弘前ですが、中学を卒業してから弘前を離れたので、こちらに戻ってきた時には人脈が全くないままの開店でした。そんな中、かだれ横丁からの力強いバックアップと、たくさんのお客さんの応援をいただき、地元の人たちの暖かさで成長することができました。

  • 資金面での負担が少ないのがメリット

    ロッシュ

    弘前市土手町26-1 天香堂ビル1F
    0172-37-7773

    路面でいきなりお店を出してもお客が付くのかどうか分かりませんが、かだれ横丁に出店することで、たくさんの方にお店を知ってもらったり名前を憶えてもらうことが出来ました。

    独立した店舗を構えるよりも資金面での負担が少ないのが一番のメリット。同じように出店しているお店を見ることで、経営上のヒントや料理の出し方などを学ぶこともできます。

    これからお店を出したいと考えている若い方には、かだれ横丁からはじめることを強くお勧めします。